Academic

Achievement

学術業績一覧

学術論文

 
タイトル テーマ
西原智昭, 1990.現代日本人と近世アイヌの側頭筋発達度に関する骨学的比較分析ー咀嚼器の形態と生活様式の関連に関する一研究ー.人類学輯報, 50:1-16. 人骨と文化
Nishihara, T. and S. Kuroda,1991.Soil-scratching behaviour by western lowland gorillas. Folia Primatologica, 57:48-51. ニシゴリラ
Nishihara, T., 1992.A preliminary report on the feeding habits of western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla) in the Ndoki forest, northern Congo. In N. Itoigawa et al.(eds): Topics in Primatology. Vol. 2: 225-240 (University of Tokyo press, Tokyo). ニシゴリラ
西原智昭, 1994. コンゴ北部Nouabale-Ndoki国立公園に生息するニシローランドゴリラの生態学的研究.京都大学大学院理学研究科動物学専攻, 博士論文. ニシゴリラ
西原智昭, 1994.コンゴ、ヌアバレ=ンドキ国立公園に生息するゴリラ (Gorilla gorilla gorilla)の密度推定と集団編成の特徴.アフリカ研究, 44: 29-45. ニシゴリラ
Moutsambote, J.-M., T. Yumoto, M. Mitani, T. Nishihara, S. Suzuki, and S. Kuroda, 1994. Vegetation and list of plant species identified in the Nouabale-Ndoki Forest, Congo. Tropics, 3/4: 277-293. ニシゴリラ
Nishihara, T., 1995. Feeding ecology of western lowland gorillas in the Nouabale-Ndoki National Park, Congo. Primates, 36: 151-168. ニシゴリラ
西原智昭, 1995b. アフリカ熱帯林保護へ向けたもう一つの視点ー当地国の若者と共同でおこなう研究・保護活動の意義.日本アフリカ学会会報. 26: 20-24. 保全
西原智昭, 1995. 第15回国際霊長類学会大会に参加して.霊長類研究,11: 37. ニシゴリラ
Suzuki, S., S. Kuroda, and T. Nishihara, 1995. Tool-set for termite-fishing by chimpanzees in the Ndoki forest, Congo. Behavior, 132: 219-235. チンパンジー
Kuroda, S., S. Suzuki, and T. Nishihara, 1996. Preliminary report on predatory behavior and meat sharing in tschego chimpanzees (Pan troglodytes troglodytes) in the Ndoki forest, northern Congo. Primates, 37: 253-259. チンパンジー
Nishihara, T. and J. M. Fay, 1996. The present progress of primatological research and conservation activities in the Nouabale-Ndoki National Park, Congo. Primate Eye, 59: 26-38. 霊長類研究
Kuroda, S., T. Nishihara, S. Suzuki, and R. A. Oko, 1996. Sympatric chimpanzees and gorillas in the Ndoki Forest, Congo. In W. C. McGrew et al. (eds): Great Ape Society. 71-81 (Cambridge University Press, New York). ゴリラとチンパンジー
竹内潔,西原智昭, 1996. コンゴ北部熱帯森林における野外研究の現状. 人と自然, 7:105-113. コンゴ人研究者の育成
Nishihara, T,, 2003. Elephant poaching and ivory trafficking in African tropical forests with special reference to the Republic of Congo. Pachyderm, 34:66-74. マルミミゾウ
Nishihara, T,, 2012. Demand for forest elephant ivory in Japan. Pachyderm, 52 July-December 2012):55-65. マルミミゾウ
   

口頭発表一覧

 
   
タイトル 主催 会場・媒体 年月 テーマ カテゴリ
~生物多様性豊かな世界遺産リスト候補地として~ “The Sangha Tri-national Landscape: Multi-sector Cooperation and Sustainable Financing for Trans-boundary Conservation in the Congo Basin” 第10回生物多様性条約締約国会議 サイドイベント 名古屋国際会議場 2010年10月 ンドキの森 国際会議発表
The present progress of research and conservation activities in the Nouabale-Ndoki National Park, Congo イギリス霊長類学会1995年春季学術大会 Edinburgh, United Kingdom 1995年4月 ンドキの森 国際学会発表
How to save wild African Grey Parrots, using new tool Photo Book with storytelling approach 23rd Biennial Conference of International Zoo Educators Association Novetel Hotel. Buenos Aires 2016年10月 ヨウム 国際会議発表
Disastrous African Grey Parrot (Psittacus erithacus erithacus) Conservation Status in Northern Republic of Congo 26th International Ornithological Congress 立教大学 2014年8月 ヨウム 国際学会発表
ヨウムを保全することは可能なのか~ペットと野生生物の間で~ 東京コミュニケーション・アート専門学校 東京コミュニケーション・アート専門学校 2016年11月 ヨウム 専門学校講義
野生のヨウムは絶滅するのか~いま日本人にできること~ 東京コミュニケーション・アート専門学校 東京コミュニケーション・アート専門学校 2017年11月 ヨウム 専門学校講義
野生のヨウムは絶滅するのか~いま日本人にできること~ 倉敷芸術科学大学 倉敷芸術科学大学 2017年11月 ヨウム 大学講義
野生生物保全に携わってきた道~発端、経緯とその実際 ~アフリカ中央部・熱帯林の事例からの問題提起~ 京都大学野生動物研究センターゼミ 京都大学野生動物研究センター 2014年8月 野生生物保全 研究会発表
アフリカ・絶滅の危機にある野生動物 深沢小学校(6年生) 深沢小学校、鎌倉 2002年12月 野生生物 学校授業
アフリカ熱帯林における野生生物保全を目指した日本国内における戦略構築と教育普及 第2期提携助成中間報告会 公益財団法人自然保護助成基金 渋谷区文化総合センター大和田 2017年12月 野生生物 研究会発表
アフリカ中央部の自然と野生動物~熱帯林での現場20余年~ 日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科 野生動物学研究室 日本大学、六会 2012年4月 野生生物 大学講義
アフリカ中央部での環境保全に関わって~熱帯林での現場20余年~ 東京農業大学 東京農業大学、本厚木 2012年4月 野生生物 大学講義
映像メディアの挑戦 ~ 適確なメッセージ伝達手段として機能するのか ~ 東京工芸大学映像学科 東京工芸大学 2011年9月 メディア 大学講義
Suivie des questions de comprehension sur l'etat des lieux sur les delits et crimes, en delai de prescription, enregistres dans la peripherique Est (UFA Ngombe) du Parc National d'Odzala-Kokoua (PNOK) Reunion TRIDOM: Atelier du Comite Mixte de Suivi de l’Application de la loi sur la Lutte Anti-Braconnage Ewo, Republique du Congo 2012年8月 密猟 政府関係者向け発表
Role ecologique et Etat population des elephants de foret Reunion TRIDOM: Atelier du Comite Mixte de Suivi de l’Application de la loi sur la Lutte Anti-Braconnage Oyo, Republique du Congo 2013年8月 密猟 政府関係者向け発表
パーティーとペットのために起きるアフリカでの密猟と違法取引~マルミミゾウとヨウムの事例から~ 熊本動植物園 談話会 熊本動植物園 2016年3月 マルミミゾウとヨウム 動物園職員向け発表
Museum-Zoo collaboration is essential for conservation of wildlife, habitats, and cultural diversity in Asia and Africa 4th AZEC マリンワールド海の中道&ホテル・ザ・ルイガンズ 福岡 2013年12月 マルミミゾウ 国際会議発表
アフリカ中央部の熱帯林地域におけるマルミミゾウの密猟と違法象牙取引 シンポジウム「アフリカ熱帯地域の(マルミミ)ゾウと人」 京都大学稲盛財団記念館 2012年4月 マルミミゾウ 研究会発表
絶滅に瀕しているマルミミゾウ~その生存の重要性~ 先住民問題研究会 聖心女子大学4 号館 聖心グローバルプラザ BE*hive・ワークショップスペース 2018年4月 マルミミゾウ 研究会発表
How can we stop forest elephant poaching? - report from Congo and from Japan USFWS Washington DC, USA 2011年4月 マルミミゾウ 国際研究会発表
How can we stop forest elephant poaching? - report from Congo and from Japan WCS New York, USA 2011年4月 マルミミゾウ 国際研究会発表
“Ivory Story in Japan and China” - Related with African Elephant Poaching and Illegal Ivory Trade Lee Sheridan Conference Room, Faculty of Law, National University of Singapore Singapore 2011年9月 マルミミゾウ 国際研究会発表
Forest Elephant Crisis in Central African Region And Conservation Challenge toward Japan / Asia WCS China Beijin / Guangzhou, China 2015年2月 マルミミゾウ 国際研究会発表
アフリカ中央部熱帯林地域におけるマルミミゾウの密猟と違法象牙取引 井の頭自然文化園飼育研究会 井の頭自然文化園 2012年10月 マルミミゾウ 動物園職員向け発表
ゾウ会議:マルミミゾウ絶滅への道 ゾウ会議 北九州国際会議場 小倉 2013年11月 マルミミゾウ 動物園職員向け発表
八木山動物公園 職員向け講話:密猟と保全~動物園の役割 マルミミゾウ絶滅への道 八木山動物公園 八木山動物公園 2013年12月 マルミミゾウ 動物園職員向け発表
野生マルミミゾウの未来 秋吉台自然動物公園 談話会 秋吉台自然動物公園 2015年11月 マルミミゾウ 動物園職員向け発表
野生マルミミゾウの未来 安佐動物公園 談話会 安佐動物公園 2015年11月 マルミミゾウ 動物園職員向け発表
生物多様性保全は野生生物を守ることだけではない~アフリカ中央部・熱帯林の事例からの問題提起~ 「生物多様性チーム」勉強会 日本科学未来館 2014年8月 マルミミゾウ 博物館職員向け発表
自然遺産か文化遺産か 象牙のことを知り考える談話会 邦楽ジャーナル主催 2014年8月7日 芸能花伝舎 邦楽ジャーナル 芸能花伝舎 2014年8月 マルミミゾウ 邦楽関係者向け発表
Ivory Use and Whale Meat Eating Are Japanese Traditional Culture? 24th Biennial Conference of International Zoo Educators Association Al Ain UAE 2018年10月 保全と文化 国際会議発表
日本における象牙利用と鯨類肉食は伝統文化なのか~保全と文化の再検証~ ときわ動物園 ときわ動物園 2018年12月 保全と文化 動物園職員向け発表
日本における象牙利用と鯨類肉食は伝統文化なのか~保全と文化の再検証~ かごしま環境未来館・平川動物公園・かごしま水族館 かごしま水族館 2019年1月 保全と文化 動物園職員向け発表
コンゴ共和国の野生動物保護の現状 ~保全の使命・再考~ 多摩動物公園飼育研究会 多摩動物公園 2013年4月 保全全般 動物園職員向け発表
Zoo’s educational role sharing field information from Africa to Asia toward global wildlife conservation success” (Poster Session) 22nd Biennial Conference of International Zoo Educators Association L’Hotel South Point. Hong Kong 2014年9月 保全教育 国際会議発表
How to treat scientific data of wild animal populations at zoo conservation education 6th AZEC & 33rd ASET Joint International Conference PingTung, Taiwan 2017年11月 保全教育 国際会議発表
野生生物を救うために動物園の保全教育に期待したいこと  第58回日本動物園水族館教育研究会 大阪市立自然史博物館 2017年11月 保全教育 研究会発表
動物園の動物はかわいい?~動物園スタッフの使命への問題提起~ 帯広動物園 談話会 帯広動物園 2016年10月 保全教育 動物園職員向け発表
Field Sites report - perspectives of Wildlife Conservation Society 第10回生物多様性条約締約国会議 UNEP / Life Web サイドイベント 名古屋国際会議場 2010年10月 保全 国際会議発表
アフリカ熱帯林地域における保全の課題 職員・学生向け談話会 酪農学園大学 2015年2月 保全 研究会発表
保全の現状と課題~アフリカ中央部熱帯林からの事例 金沢動物園飼育員 金沢動物園 2015年11月 保全 研究会発表
保全の現状と課題~アフリカ中央部熱帯林からの事例 横浜緑の協会 横浜緑の協会 2015年11月 保全 研究会発表
野生生物保全の観点から見た資源開発と国際支援~アフリカ中央部・熱帯林の事例から~  外務省NGO研究会「アフリカ開発とNGO=TICAD VIに向けて=」 勉強会企画「深掘りワークショップ」第3回 開発と自然保護:資源中心の「経済成長」の陰で =アフリカの「持続可能性」はどこへ= AAR事務所、東京 2015年11月 保全 研究会発表
野生生物保全に携わってきた道~発端、経緯とその実際~アフリカ中央部・熱帯林の事例から~ 北里大学動物資源学科セミナー 北里大学 2015年10月 保全 大学講義
野生生物保全の観点から見た資源開発と国際貢献 「環境と資源から見る国際社会 21世紀の世界と日本」 愛知県立大学公開講座 愛知県立大学 2015年10月 保全 大学講義
“最後の”森の民~調査の安全確保との関連で~ 中部アフリカ研究会 京都大学稲盛財団記念館、京都 2016年11月 フィールド 研究会発表
地球規模の複合的課題解決に挑む~世界の自然環境保全にかかるキャリア構築とは~  思修館  京都大学 2017年11月 フィールド 研究会発表
コンゴ、Ndoki Forestにおけるニシローランドゴリラの食性 第28回日本アフリカ学会学術大会 国立民族学博物館 1991年5月 ニシゴリラ 学会発表
ニシローランドゴリラのスワンプ利用について 第7回日本霊長類学会学術大会 川崎医科大学 1991年6月 ニシゴリラ 学会発表
ニシローランドゴリラのベッドについて 第45回日本人類学会・日本民族学会連合大会 東京大学 1991年10月 ニシゴリラ 学会発表
コンゴ、ンドキ・ヌアバレ保護区におけるゴリラの草本類の利用 第9回日本霊長類学会学術大会 宮城教育大学 1993年6月 ニシゴリラ 学会発表
ゴリラの一列縦隊 第32回日本アフリカ学会学術大会 日本福祉大学 1995年5月 ニシゴリラ 学会発表
コンゴ共和国Ndokiの森のニシローランドゴリラ JXエネルギー会議室 JXエネルギー 2011年10月 ニシゴリラ 企業研究会発表
ゴリラは果実にこだわるか? 第1回類人猿研究会 京都大学霊長類研究所 1993年3月 ニシゴリラ 研究会発表
A preliminary report on the feeding habits of western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla) in the Ndoki forest of northern Congo 第13回国際霊長類学会学術大会シンポジウム 名古屋国際会議場 1990年7月 ニシゴリラ 国際学会発表
Population density and group organization of western lowland gorillas in the Nouabale-Ndoki National Park, northern Congo 第15回国際霊長類学会学術大会 Bali, Indonesia 1994年8月 ニシゴリラ 国際学会発表
Feeding ecology of western lowland gorillas in the Nouabale-Ndoki National Park, Congo 第15回国際霊長類学会学術大会 Bali, Indonesia 1994年8月 ニシゴリラ 国際学会発表
Insect-eating by western lowland gorillas 第16回国際霊長類学会学術大会 Madison, Wisconsin U.S.A. 1996年8月 ニシゴリラ 国際学会発表
Overview of Nouabale-Ndoki project Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology Leipzig, Germany 2002年5月 ニシゴリラ 国際研究会発表
プレゼンに必要なデザイン力~アフリカでの野生生物保全の仕事の立場から~ 武蔵野美術大学 デザイン情報学科 武蔵野美術大学 2017年4月 デザイン 大学講義
コンゴ、ンドキ・ヌアバレ保護区に生息するツェゴチンパンジーの肉食行動 第9回日本霊長類学会学術大会 宮城教育大学 1993年6月 チンパンジー 学会発表
Tool-set for termite-fishing by chimpanzees (Pan t. troglodytes) in the Ndoki forest, Congo*(共著) 第15回国際霊長類学会学術大会 Bali, Indonesia 1994年8月 チンパンジー 国際学会発表
アフリカ熱帯林・20年の経験から見えるもの 立教大学理学部上田研・鳥ゼミ 立教大学 2010年4月 鳥類 研究会発表
気象変動、マンドリル、メディアの課題、動物園の役割、ヨウムの保全 東京コミュニケーション・アート専門学校 東京コミュニケーション・アート専門学校 2018年12月 地球環境、ヨウム、マンドリル、メディア、保全教育 専門学校講義
気象変動、ヨウムの保全、マルミミゾウの保全、動物園水族館の役割 東京コミュニケーション・アート専門学校 東京コミュニケーション・アート専門学校 2018年12月 地球環境、ヨウム、マルミミゾウ、保全教育 専門学校講義
気象変動、ヨウムの保全、動物園のあり方について 大阪ECO動物海洋専門学校 大阪ECO動物海洋専門学校 2018年12月 地球環境、ヨウム、保全教育 専門学校講義
気象変動、ゾウと森林保全 福岡ECO動物海洋専門学校 福岡ECO動物海洋専門学校 2019年1月 地球環境、マルミミゾウ、森林 専門学校講義
「地球が壊れる前に」上映会とトーク 解剖医学会帯広支部サークル 帯広畜産大学 2018年12月 地球環境 研究会発表
「地球が壊れる前に」上映会とトーク  倉敷芸術科学大学 倉敷芸術科学大学 2017年11月 地球環境 大学講義
「地球が壊れる前に」上映会とトーク 帝京科学大学 帝京科学大学 2018年7月 地球環境 大学講義
マルミミゾウの象牙に代わる新素材開発を志した経緯 積水化学本社 積水化学本社 2018年11月 象牙と邦楽 企業研究会発表
Cultural heritage and global bio-diversity - shamisen plectrums and forest elephants The 4th International Symposium of the ICTM Study Group on Musics of East Asia (MEA) 奈良教育大学 2014年8月 象牙と邦楽 国際学会発表
和楽器における象牙と猫皮問題の背景にある課題 日本芸術大学 楽理学科 日本芸術大学 2016年11月 象牙と邦楽 大学講義
ゾウ(象牙)提案の動向と今後のあり方 ワシントン条約会議(COP17)報告会 楽器協会 2016年11月 象牙と邦楽 邦楽関係者向け発表
ゾウ(象牙)などの提案の動向と今後のあり方 和楽器の未来を創る研究会 邦楽ジャーナル主催 芸能花伝舎 2016年11月 象牙と邦楽 邦楽関係者向け発表
Self-Introduction The Second Tripartie Meeting of IUCN among Chinese South Korea and Japan 金沢 2017年10月 象牙 国際会議発表
Japanese strangeness on conservation concept and actions WCS NY New York, USA 2017年3月 象牙 国際研究会発表
日本の象牙管理制度の再検証へ向けた提言 地球規模での生物多様性保全へ向けたアジアの盟主としての日本の役割 環境省 環境省、東京 2012年10月 象牙 政府関係者向け発表
SSN (Species Survival Network) Elephant Press Conference 第12回ワシントン条約締約国会議 サンチアゴ, チリ 2002年11月 ゾウ 国際会議発表
Rapid change of traditional culture of pygmies in African tropical forest region in comparison with negrito of the Philippines 12th CHAGS Penang, Malaysia 2018年7月 先住民 国際学会発表
The Negrito Peoples of the Philippines - Comparative viewpoints with Pygmies (Discussant) 12th CHAGS Penang, Malaysia 2018年7月 先住民 国際学会発表
Hunter-Gatherers’ Food Security and Sovereignty (Discussant) 12th CHAGS Penang, Malaysia 2018年7月 先住民 国際学会発表
コンゴ共和国北部熱帯林地域からの話題提供 -先住民の森と野生動物が消失して行く現実- 中部アフリカ研究会 京都大学稲盛財団記念館 2013年4月 先住民 研究会発表
アフリカ中央部熱帯林における森の先住民~森林と野生生物の消失する中で~ 第14回北海道大学アフリカ研究会 兼 2015年度第3回日本アフリカ学会北海道支部例会 北海道大学 2016年3月 先住民 研究会発表
アフリカ中央部熱帯林における森の先住民~森林と野生生物の消失する中で~  芸能山城組・文明科学研究所 東中野 2016年3月 先住民 研究会発表
アフリカ中央部熱帯林の自然民族ピグミーの自然界利用のあり方~日本の先住民族アイヌとの事例比較~ 北海道大学アフリカ研究会 / 北海道大学メディア・コミュニケーション研究院 / 国際広報メディア観光学院 北海道大学 2016年10月 先住民 研究会発表
自然民族の悲しい行方~アフリカ熱帯林の先住民の未来~ 武蔵野大学 武蔵野大学、有明 2016年11月 先住民 研究会発表
「森のない炎天下での“生業”活動~アフリカ熱帯林の先住民のおかれた状況~」 研究会「野生動物保護と狩猟採集民の関わり」北海道大学アイヌ・先住民研究センター「先住民社会における生業と食」ワーキンググループ 北海道大学 2017年3月 先住民 研究会発表
アフリカ熱帯林と先住民ピグミーにいま何が起こっているのか NPO現代の理論・社会フォーラム 先住民族研究会 専修大学 2017年7月 先住民 研究会発表
コンゴ共和国のピグミーの現在  先住民問題研究会 総合研究博物館、東京大学 2017年11月 先住民 研究会発表
今こそ必要な野生生物の存在と先住民族の伝統文化~アフリカの熱帯林から人類の本質を問う 解剖医学会帯広支部サークル 帯広畜産大学 2018年7月 先住民 研究会発表
アフリカ中央部熱帯林における自然と先住民 ~現在進行形の変貌~ 酪農学園大学国際関係学科 酪農学園大学 2015年10月 先住民 大学講義
アフリカ中央部熱帯林における森の先住民~森林と野生生物の消失する中で~ 大牟田動物園 談話会 大牟田動物園 2016年3月 先住民 動物園職員向け発表
Land use, timber exploitation and forest indigenous people - A case of Congo in Africa - Taipei Zoo Taipei, Taiwan 2017年11月 先住民 動物園職員向け発表
Land use, timber exploitation and forest indigenous people - A case of Congo in Africa - Hsinchu Zoo & Forest Department Hsinchu , Taiwan 2017年11月 先住民 動物園職員向け発表
Out of Africa 総合人間学講義 桃山学院大学 桃山学院大学 2019年4月 先住民 大学講義
Rapid change of traditional culture of pygmies in African tropical forest region 先住民族問題研究会・座談会「世界の狩猟採集民の現状」 聖心グローバルプラザ 2019年2月 先住民 国際研究会発表
地球環境の危機、先住民族の危機、そして人類学者の危機~いまこれからできること~ 芸能山城組・文明科学研究所 東中野 2018年12月 人類学 研究会発表
マルミミゾウの森と伐採 ~森に暮らす人と生きものからのメッセージ 札幌市立大学デザイン学科 札幌市立大学 2015年10月 森林保全 大学講義
アフリカ熱帯林地域における保全と開発の課題~アフリカ中央部・熱帯林の事例からの問題提起~ 「生物多様性チーム」勉強会 日本科学未来館 2014年8月 森林伐採 博物館職員向け発表
森林・マルミミゾウ・先住民 人類学講義 北九州市立大学 2019年1月 森林、マルミミゾウ、先住民 大学講義
頭骨から復元した側頭筋形態の集団間変異-近代日本人と近世アイヌの比較 第41回日本人類学会・日本民族学会連合大会 京都大学 1987年10月 人骨 学会発表
頭骨から復元した近代日本人の側頭筋・咬筋発達度の加齢変化 第41回日本人類学会・日本民族学会連合大会 京都大学 1988年11月 人骨 学会発表
野生動物の肉を食べる文化をどう考えるか ~アフリカ熱帯地域での事例より~ 日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科 野生動物学研究室 日本大学、六会 2012年10月 食文化 大学講義
野生動物の肉を食べる文化をどう考えるか ~アフリカ熱帯地域での事例より~ 帝京科学大学 帝京科学大学、上野原 2012年10月 食文化 大学講義
アフリカ熱帯林地域での自然と文化、そして日本との関係~20年に渡る自然環境の変遷と先住民の変貌~ 株式会社クレアン 株式会社クレアン、東京 2012年4月 自然と文化 企業研究会発表
ヒト科を含む霊長類喉頭の括約機能の意義 第42回日本人類学会・日本民族学会連合大会 大阪交流センター 1988年11月 サルの音声 学会発表
Present progress with the training program for young Congolese researchers in primate field researchers*(共著) イギリス霊長類学会1997年春季学術大会 Darham, United Kingdom 1997年3月 コンゴ人研究者 国際学会発表
熱帯林の果実生産と同所的ゴリラ・チンパンジーの果実食 第30回日本アフリカ学会学術大会 弘前大学 1993年5月 ゴリラとチンパンジー 学会発表
コンゴ、ンドキ・ヌアバレ保護区のゴリラとチンパンジーの食性重複 第9回日本霊長類学会学術大会 宮城教育大学 1993年6月 ゴリラとチンパンジー 学会発表
スワンプをめぐる類人猿の採食生態 第2回類人猿研究会 京都大学霊長類研究所 1994年2月 ゴリラとチンパンジー 研究会発表
チンパンジーが湿性草原を歩いた!ゴリラは湿性草原の中でまるでお祈り!? 進化の隣人たち. 2001年林原フォーラム/第4回SAGAシンポジウム 岡山 2001年11月 ゴリラとチンパンジー 研究会発表
Feeding strategies of sympatric gorillas and chimpanzees in the Ndoki-Nouabale forest, with special reference to co-feeding behavior by both species*(共著) 第14回国際霊長類学会学術大会 Strasbourg, France 1992年8月 ゴリラとチンパンジー 国際学会発表
The importance of the swamp vegetation in ecology of African apes*(共著) 第15回国際霊長類学会学術大会 Bali, Indonesia 1994年8月 ゴリラとチンパンジー 国際学会発表
Great Ape Research and Conservation in northern Republic of Congo CICASP Workshop 京都大学霊長類研究所 2012年4月 ゴリラとチンパンジー 国際研究会発表
大型類人猿の研究と保全~コンゴ共和国北部にて~ 上野動物園飼育研究会 上野動物園 2012年10月 ゴリラとチンパンジー 動物園職員向け発表
ヒトとゴリラの間 総合人間学講義 桃山学院大学 桃山学院大学 2019年4月 ゴリラ 大学講義
Projet de Gestion des Ecosystèmes Périphéiques au Parc National Odzala-Kokoua (PROGEP-PNOK) WCS Congo internal meeting Brazzaville, Congo 2014年11月 国立公園保全 国際研究会発表
SSN (Species Survival Network) Whale Press Conference 第12回ワシントン条約締約国会議 サンチアゴ, チリ 2002年11月 クジラ 国際会議発表
アフリカ大西洋岸の海浜部 生物多様性保全と人間の活動~ガボン共和国・大西洋岸の事例より~ 葛西水族館飼育研究会 葛西水族館 2012年10月 海洋生態系 動物園職員向け発表
人類にとって音楽とは?~音楽の萌芽についての人類学的試論~  2016年11月23日 東中野 芸能山城組・文明科学研究所 東中野 2016年11月 音楽 研究会発表
Information from the Real World - Conservation Issues in the Central African Tropical Forest IGES(財団法人 地球環境戦略研究機関) Inner Seminar 逗子 2002年5月 アフリカ中央部 国際研究会発表
アフリカ中央部でぼくがゾウをまもる理由~コンゴ共和国の現状から「国際貢献」を考える 帝京科学大学 生命環境学部 特別講演会 帝京科学大学 2013年12月 マルミミゾウ
今こそ必要な野生生物の存在と先住民族の伝統文化~アフリカの熱帯林から人類の本質を問う 解剖医学会帯広支部サークル 帯広畜産大学 2018年7月 先住民
フィールド保全という職業 オープンキャンパス、東京コミュニケーションアート専門学校 東京コミュニケーションアート専門学校 2019年5月 保全 専門学校講義
野生動物保護の分野で海外で活躍をする方法を知ろう 東京コミュニケーションアート専門学校、オープンキャンパス 東京コミュニケーションアート専門学校 2019年5月 保全 専門学校講義
「動物園・水族館は何を伝える場所か」2019年5月7日、アニマルサイエンス科 帝京科学大学 帝京科学大学、アニマルサイエンス学科 帝京科学大学 2019年5月 動物園水族館 大学講義
「ペットとどう向き合うか」2019年5月9日、アニマルサイエンス科 帝京科学大学 帝京科学大学、アニマルサイエンス学科 帝京科学大学 2019年5月 ペット 大学講義
「先住民族と野生生物」 職員向け講話 2019年7月6日、静岡市立日本平動物園 日本平動物園 日本平動物園 2019年7月 先住民族 職員向け講話
「野生生物の保全~マルミミゾウとヨウム~」「『地球が壊れる前に』上映会とトーク」2019年7月16日、東京コミュニケーションアート専門学校 東京コミュニケーションアート専門学校、野生動物保護科 東京コミュニケーションアート専門学校 2019年7月 マルミミゾウとヨウム、地球環境 専門学校講義
野生生物の保全〜マルミミゾウとヨウム〜 大坂ECO動物海洋専門学校 大坂ECO動物海洋専門学校 2019年8月 マルミミゾウ、ヨウム 専門学校講義
『地球が壊れる前に』上映会とトーク 大坂ECO動物海洋専門学校 大坂ECO動物海洋専門学校 2019年8月 地球環境 専門学校講義
自然環境においてなぜ先住民族は重要か 筑波大学自然保護寄附講座公開セミナー 筑波大学 2019年9月 先住民族 大学公開講義
地球が壊れる前に」上映会とトーク 自由学園 自由学園 2019年9月 地球環境 中高特別授業